草履のお手入れ、Befor After
6月11日(土)〜12日(日)に「お手入れ会」として
すげ職人さんにお越しいただき、草履のお手入れと
着物のあれこれ ご相談会を開催いたしました。

日本でも指折りの職人さんとのことで、その技術を
目の前で見せていただきました。

残念ながら、初日にお手入れしていただいた草履の写真を
撮り忘れてしまいましたが、京都先斗町にある知る人ぞ知るという
草履屋さんのお草履をお持ちになった先生に、「これは鼻緒は
しっかりしてるので、このまま使いますが、中の芯が傷んでるので
それを交換しましょう」と。 
え〜、中の芯を交換する?  そんなことが出来るのかしら、、、と
思ってましたが、サササッと事も無げに交換されました。
こんな作業、もう観ることもないかもしれない。。。
いや〜、職人技って、スゴイですね。

パナマの草履も鼻緒が変わると、生き返ったよう。
こんなに目の細かいパナマはもう手に入らないし、
もしあったとしても10万はしますよ〜と。

お客様も大切にしようと思われたに違いありません。

私もずっと履かずにいた草履の鼻緒を挿げ替えてもらいました。
昔の草履の鼻緒は細かったですが、近ごろは小判型の草履の
流行で、全体的に太目になって来ています。
その方が、足が痛くならないという利点もありますね。

これが前に付いていた鼻緒
before

挿げ替えたらこんなに変わりました。
after

日曜日にいらしたお客様の草履は、前坪部分の糸が切れて
履けない状態でした。
before
鼻緒を替え、裏ゴムも新しい物に交換。
台もクリーナーで磨けば、ピッカピカ!
after
オシャレにヘンシ〜〜ン!!


すげ職人さん、、、すげ〜職人わざをお持ちでした。^^

今年一杯、もう 日程が詰まっていると言われていた職人さん。
人気の理由が分かりました。  下駄や草履のことを
本当に良くご存じで、、、 たくさん教えていただきました。

今回 別注の草履をお願いしました。 綿入りの草履、出来上がりが楽しみ。

お手入れ会にいらしていただいた皆様、どうもありがとうございました。
喜んでいただけて、本当に嬉しゅうございます。
また ぜひ開催したく思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。





 
| BLOG | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメントする









トラックバック


scroll top

ブログ