印傳屋製 特注のシステム手帳
3年前、国指定重要文化財大橋家住宅の九代目ご当主から
サイズ・色・柄の指定いただき、印傳屋でシステム手帳を製作いたしました。
この型紙を「大橋家モデル」として使用させていただくことを
大橋様からお許しいただき、色と柄は替えて発注してから8か月。

やっとのことで、その手帳が仕上がり、届きました。
男性のジャケットの内ポケットに入る薄さと、しかしながら
予定をしっかり書きこめるサイズのリフィルを使用できること。

手帳のサイズは 縦18.7僉_11僉仝さ2
リフィルはコンパクトサイズ 17.2×10.8僉6穴の物が合います。

印傳屋製手帳1

今回 発注したのはこの3点。

開いた状態です。
印傳屋製手帳2

下の画像の右側が一般に印傳屋で製作しているバインダー手帳。
4年前から私が使用している物です。  全く傷みはありません。 

印傳屋製手帳3


届いたら見せてほしいとのご依頼があり、お持ちしましたら即、黒の手帳をお買い上げ。
これと同じ色柄でお財布もご注文いただき、早速に注文を出しておきました。

変わり市松模様は市松柄をアレンジしたもの。 市松模様とは。。。
碁盤の目状の格子の目を色違いに並べた模様。
江戸中期、歌舞伎俳優 佐野川市松がこの模様の袴を用いたことに始まるといわれています。

幾何学的でオシャレです。

左の紫のはチロリアンテープをモチーフにした柄。 
模様が非常に細かくて、美しい印傳。 個人的に、とても好きな模様です。

右はブドウ。  ブドウは最も古い栽培植物の一つで、多くの種子を実らせる「生命と豊穣」
「歓楽と祝祭」の象徴であり、また聖書では、ブドウは「神の慈悲」の象徴と考えられています。

印傳の模様には、それぞれ意味がありますので、それを知った上で
お好みの物を選んでプレゼントしたり、また ご自分のお守りとしてお持ちになるのも
いいかと存じます。

当店では特注も承っております。 
なんなりとご用命くださいませ。






 
| 商品紹介 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメントする









トラックバック


scroll top

ブログ