春の「暮らし器」展  その1
 3月20日から4月1日まで開催されている
春の「暮らし器」展で当店に展示している作品をご紹介いたします。

先ずは 丹波立杭焼 窯元 杉原祥公先生の作品です。

祥公先生作 お茶碗

後列 左から右へ
来年の干支は巳。 うろこを前面に描いたお茶碗。
楽器茶碗 ・ 藤の花の絵 ・ 菖蒲の絵

前列 左から右へ
白釉に青楓の絵 ・ 祇園祭 八坂神社の粽の絵 ・ 梶の葉絵 茶碗


祥公先生作 花入れ等

汲出し茶碗2種 ・ 白釉の花入 ・ 焼締めの土瓶とお湯呑み
手付け皿 ・ 菓子鉢 等々

他に、大皿や向付 も展示させていただいております。


土と火の融合したあたたかな手触りの作品をどうぞご高覧くださいませ。


| 商品紹介 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメントする









トラックバック


scroll top

ブログ