第23回 吉備真備公献茶会
市内真備町のまきび公園内で開催の、献茶会に出かけました。

連休中に開催されるお茶会、毎回楽しみに参加しています。

雨天の場合は、5日に変更ということでしたが、

今日は絶好のお日和でございました。

園内には、たくさんのカエデが植えられており、

その緑のなんと美しいこと。。。


まずは 「真備の席」へ。  担当は裏千家 真交会の皆様。

続いて、「長安の席」の 速水流 花橘会の席に。

お道具も見応えのある、男性ばかりのお席。 


背後を流れるせせらぎの音を聞きながらの一服は、

まことに美味しく、心を和ませていただけるものでした。


お茶席の後は、点心席。

青竹を半分に割って作った器に、エビ、椎茸、錦糸卵で

飾られた美味しいお素麺。   ツルツルッと いただきました。

もう、ひんやりしたものがいい季節になりましたね〜。


お茶席は、今月から 風炉に替わりますので、ほんとうに爽やかさを感じますね。

しかしながら、きものは依然として 『袷』 を着ます。

いつも 何故? と思う私です。  

せっかくお席の設えを替えたのに、人の衣装は冬のままなのかしら・・・

いまこそ、単衣に替えればいいのに。。。と


昔むかしは、5月だと まだ肌寒さを感じていたのかもしれないですが、

現代は温暖化してきています。  単衣のきものを着る期間を前後1ヶ月

長くしたらどうでしょう。

お茶の世界は、きものについて とても厳密のようでして。。。

単衣は6月と9月。  5月・10月は 袷のきものということになっています。



もっと フレキシブルであっていいと思うんですけどね〜。


なので、個人的なお出掛けの際には、私は体感温度に合わせて

きものを選ぶようにしていますが。。。



御家元への提言 ・・・  裏千家もクールビズで行きませんか?

  って、申し上げられたらいいんですが。 



      私みたく、下下の言葉は通りませんね。  (^_^;)



8日 日曜日は 「大橋家」さんに於いて、青年部の皆さんが 『青倉茶会』を

開催されます。

連休最後の日。  しっかり楽しんで来ようと思っています。


| BLOG | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメントする









トラックバック


scroll top

ブログ