夏の恒例行事が。。。

菩提寺からの配布物

菩提寺からの広報紙が届きました。

これを担当している檀家さんのお宅にお届けする役目があります。

その際にお使いくださいと、お心のこもった夏用マスク 大小2枚が

添えられていました。 とても肌触りのよいシルクです。

 

早速に皆様のお宅のポストに広報紙をお届け致しました。

 

広報紙によりますと、お盆の棚経で各戸をまわることは、今年はせず、

お寺でお経をあげること、そして9月のお彼岸会もお寺内でお坊様だけで

供養のお経をあげ、いつものように檀家さんからの経木の奉納はしないので、

世話人が志納金と経木を集めて回ることもなくなります。

 

あれやこれやが、今年は例年とは変わって来ています。

今週末 お寺で開催予定だった「淡嶋宮祭礼」も中止ですし、

倉敷天領夏祭り 第50回も同日開催予定でしたが、中止となっています。

 

疫病封じの為に始まった、京都の祇園祭でさえ 山鉾の展示や巡行が

中止されるのですから、本当にいつになったら感染が収束するのかと

思いを深くし、ただ 新しい生活様式を一人ひとりが守り、

ワクチンや治療薬の一日も早い開発を祈ることしかないようです。

 

ここ数日は雨が続き、九州や岐阜、長野などでも災害が起きています。

コロナに加えて大雨による災害。本当に心が痛みます。

梅雨は無くてはならない季節ではありますが、このところの雨の量は

予想も出来ない程の大雨です。

今週いっぱいはまだ雨が続くようですので、どうか くれぐれも

お健やかにお過ごしくださいますよう。 被害も出ないことを祈りつつ、、、

久し振りの投稿でした。

 

7月1日より、オンラインショップを始めました。

お時間がお有りでしたら、どうぞご覧になってくださいませ。

 

| BLOG | 16:14 | comments(0) | - | - | - |

阿知町界隈 秋のイベント

10月19日(土)〜20日(日)は阿智神社の秋祭り。

美観地区内の数軒のお宅では、表通りから見える場所に屏風を飾る 恒例の「屏風祭」が

開かれました。

 

美観地区に含まれていない阿知町西部の通りも、大橋家住宅さんで開催された

「高梁川マルシェ」に合わせて、今年初めて「阿知町界隈」と銘打ち、通り沿いの13軒が

それぞれの催しをすることになり、ガレッジセール・ワークショップ・煎茶席

カブトムシの幼虫 無料プレゼント・そして屏風の展示もありました。

 

阿知町界隈

 

当家でも屏風一双と伯母が嫁入り道具の1つとして持参した、お琴と家紋入りのお琴を

納める真塗の箱も展示し、午前と午後にはカードかポチ袋の手作り体験をしていただきました。

両日とも、多くの皆様がご覧くださり、また 手作り体験にも興味を持って参加して

くださいました。

 

手作りカード

 

手作りポチ袋

 

今回の屏風は書と画で一双として作られたもので、書は普段表の部屋に飾ってありますが、

画の方は蔵の二階から持ち出して展示したもの。

とても重くて、私だけでは出すことが出来ず、ご近所の男性お二人に手伝っていただいて

やっとのことで持ち出しが出来ました。

 

開いてビックリ! その屏風の間に新聞紙が挟まれており、なんど その新聞が

昭和25年の物。 マッカーサーがなんとか、、、というような記事が書かれていました。

 私が生まれる前の新聞です。 

昭和25年と言いますから、今から69年前。 

その時から、ず〜っと蔵に仕舞われたままになっていたという事です。 

今回 久方ぶりに風を通してあげられて良かった良かった。

 

昭和25年の新聞

 

屏風

 

両日ともお昼ご飯を食べる時間がないほどの盛況でしたが、この催し、

参加させていただいて本当に良かったです。

今まで 前は通るけれど、中々 店の中までは・・・と言われてた方にもご覧いただけ、

親しく お話しもさせていただけて本当にいいイベントであったと思います。

 

来年もきっとこのイベントは、町内の皆様と一緒に楽しく開催させていただける

ことでしょう。

 

 

 

 

 

| BLOG | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

備中no町家deクラス 2017

2017年11月4日(土) 四十瀬屋 小河原呉服店にて

「きものと暮らす」と題して 8名のお客様をお迎えし

お話し会を開催いたしました。

 

玄関

 

迎えつけの間

 

今年もお茶とお菓子を楽しんで頂きながらの会といたしました。

今回は1日のみの開催。 一般的な着物の知識として、

礼装着と普段着の違いから始まり、お手入れの仕方、

前日の準備、着物を汚さない立ち居振る舞い、帰宅後のチェック、

もし 汚れを見つけたら、着物を生かし、長く楽しむには、

着物・帯の畳み方、保管・収納場所についてなどのお話しを

駆け足ですがさせていただきました。

 

お座敷

 

最初に主菓子、今回は岐阜中津川市のお菓子屋さんからの

お取り寄せで、栗餡に干し柿を混ぜ、それを本葛で包んだお菓子

『万華鏡』というお菓子でまずはお薄を一服。

 

お茶とお菓子

 

お薄のお茶碗を引き、しばらくお話をしてから、2種めのお茶 シナモンティをお出しし、

パイやゼリー、チョコレート2種(この写真は1種2個が写っています)、そして前日に私が

作ったクルミのキャラメリゼも添えて最初にお出ししているお菓子を召し上がっていただきました。

 

最後に質疑応答の時間を持ち、着付け教室の話なども紹介させていただき、

無事 今年の町家イベントを終えることが出来ました。

 

10月末に3日間、秋の名装展を済ませたばかりでしたので、続けてのイベントで

ちょっと準備がバタバタになり、行き届かない点もあったかも知れません。

また来年もよろしく、と担当の方からもご依頼をいただきました。

前向きに取り組んでいきたいと思っております。

 

大きな行事が次々にあり、ここしばらく落ち着かない日々でしたが、

とても 充実した毎日であったように感じています。

明日からも元気で動き回りたいものです。

 

ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

また お世話くださった町家トラストの皆様、お茶のお運びを今年もお手伝い下さった

Reiko様、どうもありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

また どうぞよろしくお願いいたします。

| BLOG | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


scroll top

ブログ